季刊 1・2・3歳

特集ラインナップ


赤ちゃん時代を卒業して、からだも心もどんどん発達していく1・2・3歳児。
その1・2・3歳児を育てているママ・パパや保育士の皆様におくる“幼児育てアドバイスブック『1・2・3歳』”。
楽しさいっぱい!「もっともっと知りたい!」と思うテーマに迫っていきます!
 
 

【2021年度の特集】


夏号『 “手ばなす”子育て』(2021年6月10日刊)
一生懸命子どもと向き合い、がんばりすぎて消耗してしまうママやパパが少なくありません。そこで赤ママが提案したいのが「手放す子育て」。「手放す」ことで、思い込みやこだわりにとらわれず、やりすぎない、手をかけすぎない。しばられないことで負担を軽くし、自分自身も大切に。そんな方法を探ります。
 
秋号『イヤイヤ期って何だろう?』(2021年9月10日刊)
1歳を過ぎると自我が芽生え、いよいよ始まるイヤイヤ期。どの程度厳しくするべきなのか、甘えさせていいのか、親としては悩ましいですね。この特集では、イヤイヤ期周辺の時期の子どもの困った行動を、子どもの発達から読み解き、今、親にできることをご紹介。子育ての道しるべとなるような特集をめざします。
 
冬号『絵本から広がる世界』(2021年12月10日刊)
子どもに伝えたいことはたいてい絵本の中に。季節のうつろいや、草花や昆虫などが生きる自然、命の大切さをはじめ、子どもたちが毎日している歯みがきやおふろ、食事や寝かしつけなど、あらゆるものは絵本にあります。絵本から知ること、体験から学ぶこと。子どもにとってはどちらも大切なものです。
 
春号『子どもの未来 私たちの未来』(2022年3月10日刊)
人とのつながりを重視してきた社会が、コロナを経て、新しく変わらざるを得なくなりました。変わっていくものもあり、変えてはいけないもの、ずっと大切にしたいものもあります。子どもたちが大人になる20年後、30年後の未来を予測し、課題に対する予防策や改善策について、今、親としてできることを考えます。


*一部、記事が変更になることもあります。ご了承ください