『ほめる』『叱る』のその前に子どもにとどく伝え方赤ママの本,新刊
 
赤ママの本 > 新刊 > 『ほめる』『叱る』のその前に子どもにとどく伝え方

『ほめる』『叱る』のその前に子どもにとどく伝え方

商品コード : 978-4-87014-101-8
製造元 : 日本
価格 : 1,188円(税込)
ポイント : 59
数量
 


           

【プレミマムポイントのご利用について】
プレミマムポイントを利用できるのは5,000pt以上ポイントを保持している方に限ります。
1回の購入につき利用できるポイントは最大250ptまで。



幼児の母親の最大の悩みは「叱り方」。できれば、いつでも優しい笑顔のママでいたいけど。
でも、そうはさせてくれないのが子どもというもの。どうすれば、子どもに伝わるのかな?
叱ってばかりの悪循環から抜け出せる?まずは、あなたがわが子に何を求めているか、
自分の気持ちと向き合うことで、子どもの見方が変わり、伝え方も変わっていきます。
言いがちな“口ぐせ”アドバイスも満載!



・著者:入江礼子
・ISBN:978-4-87014-114-8
・定価:1,188円(本体1,1000円+税)
・判型:四六判/128ページ



「わかる!わかる!」
「そうなんだ!」と思わずうなずく
マンガやイラストが
たっぷり描かれ、読みやすい!
 
  • ●巻頭座談会「ガミガミ言っちゃう私たちの胸のうち」
  • ●第1章:どうしてこんなに叱ってばかり?
  • 叱るのは子どものためというけれど/やっかいな「見栄」と「思いこみ」/“子どもであること”を叱っている? …
  • ●第2章:どうすれば子どもに伝わるの?
  • そのしつけは誰の基準?/なぜ困るのかを教える/ほめる=評価、認める=受容 …
  • ●第3章:この口ぐせ、大丈夫?
  • 早く/ダメ!/かたづけなさい/何回言ったらわかるの! …
  • ●第4章:子育ての最終目標は?
  • 子どもって大変です/「伝える」は自立への近道 …


------------------------------------

<著者プロフィール>
入江礼子(いりえ・れいこ)

共立女子大学家政学部児童学科教授。専門は幼児教育・保育学。お茶の水女子大学大学院家政学研究科児童学専攻修了。幼稚園教諭の後、専業主婦として3人の子育てを経験。鎌倉女子大学児童学部教授・同幼稚部部長を経て、現職。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません