小児科医者 内藤寿七郎物語価格別,3,000円〜4,999円小児科医者 内藤寿七郎物語
 
価格別 > 3,000円〜4,999円 > 小児科医者 内藤寿七郎物語

小児科医者 内藤寿七郎物語

商品コード : 4-87014-031-4
製造元 : 日本
価格 : 3,780円(税込)
ポイント : 189
数量
 


           

【プレミマムポイントのご利用について】
プレミマムポイントを利用できるのは5,000pt以上ポイントを保持している方に限ります。
1回の購入につき利用できるポイントは最大250ptまで。


・著者:丹羽洋子
・ISBN:4-87014-031-4
・定価:3,780円(本体3,500円+税)
・判型:A5判/240ページ(上製本・函入り)


<オススメポイント>
月刊誌『赤ちゃんとママ』の責任監修である、あの「育児の神様・内藤寿七郎先生」の足跡を一冊の本にまとめました。
内藤先生のあたたかいまなざしは子どもはもちろん、親、そして小児医療に携わるすべての人たちの心に響きます。

子ども達のためにぜひ読んでほしい! 
20世紀を一貫して子どもに寄り添って歩んでこられた内藤先生。
その足跡をたずねて、21世紀の子どもたちが健やかに育つためにはどうあったらよいのか・・・
内藤先生とともに考え、明日に向き合える一冊です。

<目次>
第一章 礎の時代
誕生、幼年の頃/少年期/思春期から青年期へ/医学生の頃
第二章 臨床医最前線で
東大医局時代/創生期の愛育会と戦争の時代/戦後の混乱時代/日赤中央病院時代/愛育会の再建時代
第三章 子ども達の明日に向かって
疾病構造と治療文化の変化/子育てと小児科学の新しい問題/子どもの心と向き合う/子ども達の明日の幸せのために
付録  年表各界著名人からのメッセージ

小児保健、母子愛育会の歴史を繙く大変貴重な参考書
 私の敬愛する内藤先生は、一般には「育児の神様」としてよく知られていますが、専門家の間ではわが国の小児保健を普及・発展させた先駆者、卓越したリーダーとして高い評価を受けています。
 また、私は愛育病院で先生の後継者のような形にはなっていますが、その昔、先生の診察を受けるために寒い冬の早朝から患者さんが長い列を作ったという事実は今でも病院内で語り継がれています。
これは先生の優れた臨床医としての実績と人から信頼されるお人柄を表すものと思われます。
 この書は、内藤先生個人の物語としても興味がありますが、日本の小児保健、母子愛育会の歴史を繙くのにも大変貴重な参考書でもあります。
山口規容子(母子愛育会愛育病院名誉院長)

 読み終えたときにわが子がよりいっそう愛おしくなり、抱きしめたくなりました。
大東めぐみ(タレント)

 『育児の基本は「まなかい」にある』という言葉に感銘しました。「育児にも勇気が必要」ということを今の子育中のお母さん方にもぜひわかっていただきたいと思いました。
小林千登勢(女優)

 子どもにものさしをあてず、評価せず、子ども丸ごとを見つめる先生のまなざしのあたたかさを実感しました。
鈴木みゆき(聖徳大学短期大学部保育科助教授)

 子育て支援を崇高な喜びに包まれた仕事であることを内藤先生は身をもって示しておられます。子育て支援に向かって、いまこそ立ち上がろう、そんな勇気をいただける本です。
大日向雅美(恵泉女学園大学教授)
  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません